YWCAのボランティア

       MIYAMOTO

 

 私の大切なお仲間、地域の婦人会の方々はYWCAの活動を支えて下さって、

パートナーズの里親になって下さったり、せっせと切手やベルマークを集めて下さったり、

機関紙を読んで下さったりしています。そのお仲間の方々はお姑さんに仕え、店を手伝い、

働いておられます。その方たちが「外に出掛けていかれないからボランテイアができないのよねー」

と言われたことがありました。私はその時、それはすこし違う、と答えました。

「自分の一番身近なところで、自分を一番必要としている人のために働くこと、

それこそもっとも尊いボランテイアです」と。その時、その方たちはとっても嬉しそうな顔をなさって、

「それでいいの?よかった」とほっとされたようでした。

 

 

 YWCAのボランテイアとは「隣人を己のごとく愛せよ」なのです。自分を大切に思うように、

自分を必要としておられる方を大切にする、そしてそのために自分の持てる僅かなもの、

ささやかな時間を心から捧げるのです。盲人伝道センターの奉仕、NGOの窓口、

クリスチャンパートナーズの里親、海外支援、ひかり募金、日本語教授ボランテイア、

ペットボトルのキャップを集める、等々。

 

 

 会員や会員の周りの方々と一緒に、それぞれが神様からいただいた賜物を精一杯捧げている、

それがYWCAのボランテイアです。皆様も、あなたのできる形でぜひボランテイアに参加して下さい。